ブログblog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生前対策
  4. 消費税対策で建設ラッシュ。相続税はそんな対策できないか?

消費税対策で建設ラッシュ。相続税はそんな対策できないか?

2018.08.15 生前対策

最近、東京の方では、建設ラッシュが続いています。
東京オリンピックの会場や選手村やホテル、公共設備などの建設が急がれているからかな・・・と思っている人も多いのではないでしょうか?
でも実際は、東京五輪よりも、19年10月に予定されている消費増税だそうです。

現在の消費税が8%からついに、10%に上がります。
消費税が上がる前に、消費税対策のために、マンションなどを建設しているようです。

相続税はそんな対策はできませんよね。

と考える人も多いと思います。
でも実際は、相続対策になるのです。

相続税はそんな対策はできないのか?

消費税の場合は、上がるからということで、その前に消費しておけば消費税対策になります。
でも、相続税の税率が上がるからや、基礎控除額が減額されるからといって、先に相続税を払っておくことは出来ません。

それは、贈与税になってしまいますし。
ましてや、相続の発生を早めたりすることは、人間の力ではできません。

そのため、今東京近辺で起こっている建設ラッシュのような対策は、相続税対策ではできないと考える人も多いのではないのでしょうか。
では、どんな生前対策が良いのでしょうか?
それは、尼崎市の相続に強い税理士に無料相談しましょう。

相続が専門分野の尼崎市の税理士はどうやって探すのか?

ただ、不動産投資するだけでも相続対策にはなります。
基本通達の不動産の評価は市場価格よりも安くなっているからです。
また、発生の時期も負担付き贈与で相続時精算課税などを使うことができるのです。

オーナー企業は尼崎市の税理士に相続税の無料相談した方がいい。

詳しい使い方は、アセッツ会計事務所に相談してください。

東京オリンピック後、不動産は暴落する?

ある説によると2020年の東京オリンピックまでは、建設ラッシュが続き、東京オリンピックが終わったら不動産は大暴落するというものです。

でも、この説の根拠もあまり確実なものではないそうです。
新興国ならば、建設ラッシュ後、オリンピック前と後では、景気の上下が激しくなるようです。

これは、オリンピックが要因というより、国の経済規模や成熟度に起因するものと考えられている。

実際、ロンドンオリンピックの時も多少なりともロンドンの中心部の不動産の価格が上がったものの、イギリス政府の報告では、「オリンピックは、不動産にそれほど影響を与えなかった」とのことである。

日本は、先進国ですよね?
そのため、東京オリンピック後、不動産は大暴落することは考えられないのでしょうか?
そもそも、この建設ラッシュによる人手不足も東京五輪とはあまり関係ないそうですよ。

2008年、約10年前のリーマンショックによって、建設作業員が激減して、それから人手不足の状況が続いているのが原因です。 まだまだ、不動産業界の好景気は続きそうですね。

そうなれば、相続税対策の生前対策はしっかりしておかなければいけないのは、揺るぎのない事実です。
もちろん、企業の消費税・法人税の申告の相談も受け付けています。
アセッツ会計事務所では、不動産コンサルティングも税金対策とともにしています。
不動産コンサルティングの無料相談


お気軽にご相談ください。
相続に強い税理士が対応いたします!

※事前のご予約で、面談は営業時間外や休業日(土日・祝日)も対応いたします。
※メール・FAXは24時間受け付けておりますが、確認次第のご連絡になりますことご了承ください。